ハイレゾプレーヤー「A&ultima SP1000」のファームウェアがアップデート!トラック番号をホーム画面に表示や安定性を向上!

この記事は約3分で読めます。

iriver Astell&Kernのハイレゾプレーヤー「A&ultima SP1000」(SP1000)のファームウェアをアップデートがアップデートされました。トラック番号をホーム画面に表示できるようになったほか、安定性の工場や日本語キーパッドの入力問題の修正が改善されています。

スポンサーリンク

「A&ultima SP1000」の安定性が向上!

「A&ultima SP1000」は、“世界最高峰のハイエンドポータブルプレーヤー”をコンセプトとしたプロダクトライン「A&ultima」のフラッグシップモデルです。真のハイエンドポータブルプレーヤーとして、現在Astell&Kernの持てる技術が全て投入されています。

旭化成エレクトロニクス社の最新DACチップ「AK4497EQ」をデュアル構成で搭載し、DSD256、384kHz/32bitのネイティブ再生に対応しています。

超低ジッター200Fsを実現するVCXOクロックの搭載や、高出力化を果たしながらさらなる低歪・低ノイズを実現した回路設計は、かつて無いハイエンドサウンドを実現します。

さらにオクタコアCPUの採用により、一切の妥協を排したデジタルオーディオ再生処理と、優れた応答パフォーマンスを実現することができます。

5インチの高解像度ディスプレイから操作する新しいユーザーインターフェイスや、高速データ転送・高速充電対応など、操作性においても格段の進化を遂げたDAPとなっています。

 

今回のファームウェアアップグレードは、トラック番号をホーム画面に表示するようにしたほか、安定性の向上、日本語キーパッドの入力問題の修正、EQ適応問題の修正、アルバムアートの表示問題が改善されています。

設定→Wi-Fi接続から、最新のファームウェアへアップグレードすることができます。ファームウェアのバージョンは1.07となります。

アップグレード時は、万一に備えて内蔵メモリおよびmicroSDカード内の大切なデータはアップグレード前に必ずバックアップを行って下さい。またmicroSDカードは取り外してからアップグレードをおこなって下さい。

 

なお、Wi-Fi環境が無い等の理由により、ファームウェアアップデートが出来ないユーザーは、アイリバーサポートセンター(サポートメールフォーム)で相談して下さい。

 

世界最高峰のハイエンドポータブルプレーヤーを意味する新プロダクトライン「A&ultima」の名を冠した「A&ultima SP1000」で、外出先でも高品質なサウンドを楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました