背圧コントロールチャンバーにより優れた原音再生と空間表現を実現!新開発ドライバー搭載のハイレゾ・イヤホン「HP-NX100」発売!

この記事は約3分で読めます。

Radius(ラディウス)より、新開発ドライバー搭載のハイレゾ・イヤホン「HP-NX100」が発売されました。新開発のRAF(Rear Air Flow system)ドライバー・ユニットを搭載し、正確な原音再生と、キレのあるパワフルな低音、臨場感ある優れた空間表現を実現しています。

 

スポンサーリンク

新開発ドライバーで優れた原音再現力と空間表現力を実現

Radius「HP-NX100」は、新開発「RAF構造(Rear Air Flow System)ドライバー」を搭載した、ハイレゾ対応の高音質イヤホンです。緻密に設計された背圧コントロールチャンバーにより、優れた原音表現力と空間表現力を実現しています。

新開発のユニット「RAF構造ドライバー」は、ユニット内後方に、背圧を正確にコントロールするチャンバー機構を設置し、振動板の高い制動性を実現しています。振動板の振動抑制や不要振動の発生を軽減することにより、従来のドライバーに比べ音声信号に対するレスポンスの向上と余分な残響の少ない優れたトランジェント特性を発揮します。緻密に設計されたアコースティックなアプローチによって、パワフルでありながら広い音場と高い空間表現を実現しています。原音再生傾向で低音域を損なうことなくフラットな周波数特性を示します。

振動板の素材には「PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)」を採用し、一般的なPET材に比べ、高剛性で伝搬速度と内部損失のバランスが良く、全帯域において高い安定性を持っています。

ボイスコイルには、銅をコーティングしたアルミ線「CCAW」を採用し、通常の銅線に比べ軽量で、振動板の高いレスポンス向上と、不要振動の低減も期待できます。高音域の優れた伸びと、歯切れのよい低音域再生を可能としています。

ヘッド部分はMMCXコネクタを採用し、ケーブルの脱着が可能です。別売のアップグレードケーブルを使することで、さらにワンランク上の音質を楽しむこともできます。

ディープマウント・イヤーピースは従来型と異なり、耳のより奥でイヤーピースがフィットするため、安定した装着感と豊かな楽曲再生を実現します。

再生可能周波数帯域は20Hz〜40,000Hzで、出力音圧レベルは103±3dBとなっています。

付属品として、イヤピース(XS、S、M、L)各1セットとケーブルクリップ、持ち運びに便利なポーチが付いてきます。

 

新開発の「RAFドライバー」搭載し、正確な原音再生と、キレのあるパワフルな低音、臨場感ある優れた空間表現を実現するRadius「HP-NX100」で、快適なサウンド再生環境を手に入れて、音楽をもっと楽しみませんか。

RADIUS ( ラディウス ) / HP-NX100K NeXTRAシリーズ ブラックRADIUS ( ラディウス ) / HP-NX100K NeXTRAシリーズ ブラック

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました